英字新聞を3時間で読めるようになるセミナー | ビジネス セミナー 研修  与信管理総合研究所 ナレッジマネジメントジャパン
ナレッジマネジメントジャパン株式会社 コミュニケーション、海外取引、与信管理に関するセミナー、社内研修を提供
与信管理 海外取引 ビジネスセミナー │ 与信管理 のナレッジマネジメントジャパン ビジネスセミナー │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 社内研修 │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 代表者の講演実績 │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 与信管理マニュアル │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 与信管理コンサルティング │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン

サービス案内
お客様の声

開催済セミナー一覧

社内研修

開催ご案内メール登録

ビジネスセミナーCD

メールで知人に紹介
おすすめのセミナー
与信管理の基礎講座

与信限度額設定ワークショップ

与信管理規定作成講座

決算書の見方

海外の与信管理と債権回収<基礎編>


中国・アジアの与信管理と債権回収

英文メールの書き方

債権回収の基礎講座

英文契約の基礎講座(初級編)

英文契約の基礎講座(中級編)

1日でわかる貿易実務の基礎講座

クレーム対応セミナー

債権回収の実践講座

一日でわかる英文契約書の読み方

貿易実務講座(ロールプレイ編)

英語での電話の受け方・かけ方

法務・総務のための契約の基礎講座

アメリカ破産法と債権者の対応策

コーチングセミナー

お問い合わせ

Tel 0120-453-706
Fax 03-5575-2277
Mail seminar@kmjpn.com



第531回 B-SeminaR
英字新聞を3時間で読めるようになるセミナー



    



「英字新聞にさっと目を通して情報収集できたらいいな〜」

そう思ったことはありませんか?

英字新聞を読もうと何度かやってみたが、途中であきらめてしまった経験の方も多いと思います。途中で分からない単語が一つ出てくると、気になって読めなくなる。分からない単語が多いと、もう次のパラグラフには進めなくなる。

これはあなたの責任ではないのです。

日本の英語教育がいけないのです。中学や高校の英文読解の授業では、まずは英文を読んで、分からない単語が出てきたら辞書を引いて、それを訳してゆくという作業を繰り返し生徒にやらせます。

受験勉強も同じで、ビジネスではほとんど使われない表現を試験に出るからと言う理由で暗記するだけ。英国や米国の人も知らないような難しい単語まで知っているけど、本当に必要な情報を収集することができない。こんなバランスの悪い状態に陥っています。

こうした勉強の反復効果によって、私たちは英文を見ると、自動的に分からない単語を調べたくなる衝動に駆られ、日本語に翻訳しながら読むクセがついてしまったのです。

でも、ビジネスの現場においてはそんなことをする必要はありません。もちろん、英文の契約書を交わすのであれば、一語一句、解釈を検討する必要があります。

しかし、一般のビジネス文書を読んだり、海外のサイトを見て情報収集したり、海外の取引先とメールでやり取りをしたりするのに、そこまでの精度は必要とされていません。

むしろ、どれだけ短い時間に英文を読みこなし、自分に必要な情報を収集できるかがポイントになります。そのためには、単語一つ一つの意味に拘っていてはダメなのです。

分からない単語やフレーズは読み飛ばすことです。もちろん、一字一句訳しながら、読むなど、絶対にやってはいけないことです。

英語をマスターする上で大切なポイントは、英語を英語のまま理解することです。

このセミナーでは、最新の英字新聞からビジネス、経済面のニュースを中心に、とにかくたくさんの記事を短時間で読みます。そして、短い時間で自分に興味のあるテーマか、必要な情報かを取捨選択するのです。膨大な量の英文記事から自分に必要な情報を素早く見つけるようになります。

>>セミナーのお申し込みはこちら

しかも、このスキルは一度身につけさえすれば一生あなたのものになります。もちろんスキルを維持するためにはある程度の英文を毎日読む必要はあります。

わずか3時間の投資でそれが可能になるとしたら?

今、すぐお申し込みください。

>>セミナーのお申し込みはこちら

<目的>

日本語の新聞を読むのと同じ感覚で、ニューヨークタイムズなどの英字紙を読み、自分に必要な情報を判別し、ビジネスに役立つ情報を収集できるようになる。

<対象>

国際取引に従事するビジネスパーソン、外資系に勤務する方、経営者




・日 時 未定
・会 場 
・定 員 
・費 用 

※セミナー開催日の前日17:00(前日が日祝日の場合は、前営業日)までは、無料でセミナーをキャンセルすることができます。それ以降のキャンセルについては受講費用全額をご請求致します。


<プログラム>

1.英字新聞のヘッドラインの基本的なルールを知ろう

 (1)be動詞の省略
 (2)現在形での表現
 (3)未来の表現
 (4)省略形の多用
 (5)ヘッドラインで良く使われる単語

2.英字新聞でよくみられる表現

 (1)情報源の表示
 (2)分詞構文の多用
 (3)時制の不一致
 (4)言い換えの表現

3.記事のリード部分だけを読む

 (1)記事の全てを読む必要はない
 (2)時間を区切って読む
 (3)分からない単語は飛ばす

4.日本に関する記事を読む

 (1)背景や基礎知識が豊富
 (2)ニュース自体を既に知っていることが多い

5.興味のある分野の記事を読む

 (1)専門用語に精通している
 (2)興味があるので読みやすい
 (3)分からない単語の調べ方

<扱う予定のテーマ> ※変更になる可能性があります

S.P. Lowers Outlook for U.S., Sending Stocks Down(S&P、米国債の見通しを格下げ)
Zipcar Soars in Market Debut(ジップカーの株式公開)
Portugal Asks Europe for Bailout(ポルトガルへの金融支援)
Radiation in Tokyo’s Water Has Dropped, Japan Says(東京の水、放射能値低下)
Borders Files for Bankruptcy(ボーダーズ、破産法を申請)


<特典>
◆「ヘッドラインで学ぶ☆ビジネスイングリッシュ」(PDF版、196ページ)を無料進呈

*セミナーの録音・録画はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
*開催日までに、内容を多少変更する可能性があります。
*主催者、講師等の諸般の事情によりセミナー開催を中止させていただく場合がございます。
 予めご了承ください。


牧野 和彦    
ナレッジマネジメントジャパン株式会社 代表取締役

1989年早稲田大学卒。リクルートグループを経て、米外資系企業に転職。シニアマネージャーとして多くの実績を収め、2000年に現在の会社を設立し、コンサルティングやコーチング、講演、執筆など幅広い活動を行う。講演のテーマは、与信管理から英文メールの作成術、コーチング、コミュニケーションと幅広い。今までに560回の講演をこなし、受講者は14,000名を超える。

訳書に『ダンの企業審査入門』(日本経済新聞社)。著書に『eビジネスのリスクマネジメント』(エクスメディア)、『海外取引の与信管理と債権回収の実務』(日本実業出版社)、『これだけある!お金をかけずにマスターするビジネス英語』(中経出版)、『海外取引の与信管理と債権回収』(税務経理協会)、『税理士・会計事務所のための与信管理ガイド』(中央経済社)がある。日本経済新聞、早稲田大学、SMBCコンサルティング、東京商工会議所、JETRO、日本経営協会の講師としても活動中。

>>セミナーに参加したい方はこちら

>>FAX申込用紙を印刷する
*この文書を見るには Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader は下記のページから無償でダウンロードしていただけます。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.htm

ページトップへ↑
【 セミナーお問い合わせ 】

Tel : 0120-453-706 Fax : 03-5575-2277
Mail : seminar@kmjpn.com
月〜金10:00〜18:00(土日祝日・年末年始を除く)
与信管理の基礎講座 │ 与信限度額設定ワークショップ │ 与信管理規定作成講座 │ 決算書の見方 │ 海外の与信管理と債権回収<基礎編>  
  中国・アジアの与信管理と債権回収  │ 英文メールの書き方 │ 債権回収の基礎講座 │ 英文契約の基礎講座(初級編) │ 
英文契約の基礎講座(中級編)
 │ 1日でわかる貿易実務の基礎講座 │ クレーム対応セミナー  │  債権回収の実践講座 
一日でわかる英文契約書の読み方  貿易実務講座(ロールプレイ編) │ 英語での電話の受け方・かけ方 │ 法務・総務のための契約の基礎講座
アメリカ破産法と債権者の対応策 │ コーチングセミナー


 Knowledge Management Japan Corporation                        

ブラウザーはInternet Explorer5.0以上でご覧ください。
Copyright(C) 2000-2012 Knowledge Management Japan Corporation. All rights reserved.
無断転載を禁じます